思考酒後

自分に入ってきた情報を定着、深化するために文章化

MENU

【H29・設計および施工、回答例】プレストレストコンクリート構造物特有の初期欠陥1つとその発生原因、構造物に与える影響、設計上および施工上の留意点【技術士・建設部門 コンクリート】


 技術士の過去問の回答例を書いていきます。

 独断と偏見まみれですので、自己責任により参考にしていただければと思います。

f:id:masa_mn:20180705172325j:plain

 (1)初期欠陥の原因と影響

 低スランプが原因となって充填不良となり、豆板が発生する。コンクリートと鋼材の一体性がないため所定の断面性能が得られず、また、コンクリートが粗いことから劣化しやすい構造体となる。

 

(2)設計上の留意点

①コンクリートの流動性を改善する。

・粒度分布、粒形の良質な骨材を用いる

・粗骨材最大寸法を大きくする。

・減水剤を用いる。

②配筋条件を見直す。

・鋼材間のあきを大きくするために使用する鋼材を太径とする。

・鋼材間のあきを大きくするために断面寸法を大きくする。

 

(3)施工上の留意点

・振動機を用いてよく締固めを行う。

・ポンプ圧送が長距離化しないように計画する。

 

解説(と思っています。)

 プレストレストコンクリートはスランプ8cm程度の硬練りであり、近年の耐震設計の考えに基づいて構造物は高密度配筋のため充填不良となるという流れとしています。

 設計上の対策として①流動性を改善する、②配筋条件を見直すの2つについて書いています。

 施工上の対策としては基本的な内容である①振動機でよく締固めを行う、②長距離圧送を避けるということを書いています。